「踊る大捜査線3」NEWS一覧

http://www.cinematoday.jp/page/N0025439

2010年7月7日 8時00分

踊る大捜査線」最新作が乗り越えた最大の困難!亀山、君塚、本広が語る

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 3日に公開され、大ヒットを飛ばしている映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』。製作を務めた亀山千広プロデューサー、脚本の君塚良一、メガホンを取った本広克行監督が、7年ぶりとなる劇場版「踊る大捜査線」に込められた熱き魂を語った。

 亀山プロデューサーは、「もう『踊る大捜査線』は作らないと思っていた」と言う。その大きな理由は、和久平八郎を演じてきたいかりや長介さんが亡くなったこと。フルメンバーがそろわない『踊る大捜査線』は、有り得ない。だが、現実の東京湾岸警察署開署にあたって警視庁から連絡をいただいたときに、「まだ世間の皆さんの中に『踊る』が生きていることを感じた。勇気をもらったし、感動しましたね。そして、自分自身がこの作品のファンとして、和久さん亡き後、湾岸署のみんながどうやって遺志を継いでいるのかを見てみたくなった」。結果的に7年という時間が空いてしまったが、「そういう気持ちになるまでには、時間が必要だったということ。むしろ、『やる』と決めてからは、ものすごく速いスピードですべてを進めてきたと思う。無駄に延ばしていたわけじゃない」と強調する。


 脚本を執筆した君塚も、「シリーズものを作っていると、キャストもスタッフも家族のような感覚になってくる。その中でいかりやさんを失って、僕らには大きな喪失感があった。正直、もう『踊る大捜査線』を書く気はなかった」と語る。だが、そんな気持ちに変化が生まれた。「現実世界では、家族を失っても、残された者たちは生きていかなければならない。前を向いて、歩かなければならないんです。僕自身が3年前に母を亡くして、そのことを強く感じた」。その結果、必然的に「踊る3」のテーマは「生きる」になったという。織田裕二が演じる主人公、青島俊作については「青島というキャラを考えると、和久さんを亡くした彼は、ますます強く生きるという方向に向かうはず」と、これまで以上にパワフルな活躍をする青島刑事に秘められた魂を明かした。


 「踊る3」には、和久さんのおいっ子を演じる伊藤淳史、ニュータイプの管理補佐官にふんする小栗旬ら、新しいメンバーが参加している。現場の雰囲気を本広監督は「以前からシリーズを見てくれていて、『踊る大捜査線』の世界観をよくわかっていた。現場にもあっという間になじんで、何も苦労はなかったですね。特に和久さんの名前を背負う伊藤くんは大変だったと思うけど、すぐ僕らの懐に飛び込んできた」。亀山プロデューサーも「和久さんのおいっ子は、誰からも嫌われない人間性を持つ俳優じゃないと演じられない。伊藤くんしか浮かばなかった」と断言する。実は、織田裕二の主演作『アマルフィ 女神の報酬』に伊藤をキャスティングしたのも「本人には何も言わなかったけど、伊藤くんに『踊る3』の前に織田くんと芝居をさせておきたいと思っていたから。……ただ、結果的に、『アマルフィ 女神の報酬』では二人のシーンは無かったんだけどね」(亀山プロデューサー)。並々ならぬ心意気で「踊る3」を準備していたことがわかるエピソードだ。


 和久さんという大きな存在を失いながらも、それを乗り越えて、新たな「踊る大捜査線」チームが出来上がった。そうなると、当然、続編への期待も膨らむ。本広監督は「『踊る4』があるとしたら、僕は早くやりたいです!」と意欲満々。亀山プロデューサーも「今回は『新生・湾岸署』のスタートというつもりで作った」と言い、すでに「踊る4」を視野に入れているような口ぶりだ。「でも、これで完結になってもいいんです。これだけの大きな作品を作るのは、しんどい作業ですからね。ただ、観客の皆さんが『面白かった、また観たい』と言ってくれるなら、それに責任を持って応えるのが僕らの仕事」(亀山プロデューサー)。7年の時を超え、新たな歴史を刻み始めた「踊る大捜査線」シリーズ。まだまだ「踊る」レジェンドは続きそうだ。


亀山、君冢、本広談《跳躍大搜査線》最新作品跨越過了最大的困難


超人氣電影《跳躍大搜査線 THE MOVIE 3 放了他們!》於3日公映了。擔任制作的亀P、擔任脚本的君冢良一、以及取過話筒的本広克行監督講述投入在時隔七年之久的《跳躍大搜査線》裏的灼熱精神。
亀P説:“我曾經不想再制作《跳躍大搜査線》了。”最大的原因,便是扮演和久平八郎的いかりや長介先生的逝世。不集齊全員的《跳躍大搜査線》是不可能制作出來的。但是,現實中的東京灣岸警察署設立時他收到了來自警視廳的聯絡:“感覺到在大家心目中OD依然活著,我因而獲得了勇氣,也非常感動。而且我個人也是這部作品的FAN,也想看到在和久先生去世之後灣岸署的大家是如何繼承他的遺誌的。”結果是有了七年的空白時間,他強調“在變成這種心情之前是很需要時間的。我覺得倒不如在決定‘要做’之後極速地開展全部工作,不應該拖延浪費時間”。

執筆劇本的君冢也説:“在制作這個系列時,CAST和STAFF都已經變成了像家人般的感覺。失去了其中的いかりや先生給我們帶來了巨大的喪失感。坦白説我已經沒有心情再寫《跳躍大搜査線》了。”但是,他的心情也發生了變化。“在現實世界中如果失去了家人,被留下的人們也不得不繼續生活下去。必須向前邁歩才行。我自己在三年前也經歴了母親的去世,對這件事有很強烈的感觸。”必然的結果就是OD3的主題成為了“生存”。對於由織田裕二扮演的主人公青島俊作而言,“考慮到以青島的個性,經歴了和久先生逝世的他會更加趨向於‘堅強地生活下去’這個方向”,君冢這樣點明了至今為止都是能量滿點地活躍著的青島刑事心中被隱藏了的另一種精神。

在OD3中,加入了扮演和久先生外甥的伊藤淳史、扮演新型的管理輔佐官的小栗旬等新成員。關於拍攝現場的氣氛,本広監督説:“看過以前的系列的話就能很清楚地了解到《跳躍大搜査線》的世界觀。所以很快適應拍攝現場也沒什麼特別辛苦的。尤其是背負著和久先生名字的伊藤君把事情想得很嚴重,但還是馬上就投入我們的懷抱了。”亀山P也説“必須起用具有不會被任何人討厭的性格的演員來演和久先生的外甥,除了伊藤君以外沒有別人能演了”。事實上,關於在織田裕二主演的電影《AMALFI 女神的報酬》中給伊藤安排角色,亀山P也説:“雖然那時並沒有對他本人説,但也是想讓伊藤君在OD3之前先跟織田君預演一下。……可結果是《AMALFI 女神的報酬》之中並沒有他們兩人合演的鏡頭。”這是全心全意投入地準備制作OD3的一個小插曲。

失去了和久先生這樣重要的存在,但他們跨過了這道難關,組成了新的《跳躍大搜査線》團隊。變成這種情況之後,理所當然地對續作的期待也膨脹起來。本広監督熱情滿滿地説:“如果能有OD4的話我想盡快去做。”亀P也説“這次是以『新生・灣岸署』為開始而制作的”,像是已經把OD4納入視野範圍内般的語氣。”然而,亀P也説:“把這個做完就已經可以了。因為只做這麼一件大作就已經是非常辛苦的工作了。但如果観衆們説‘太有趣了,還想接著看’的話,那麼我們的工作就是擔任起響應他們的責任。”跨越了七年時間,開始刻下新的歴史的《跳躍大搜査線》系列,OD的傳説仍將繼續。








亀P:「やるからにはそこを目指したい。『踊る』に関しては、ほかの作品に負けたくないですから(要做的話當然是想以OD2的紀錄為目標,因為是OD相關,不想輸給其他的作品)」…… ——您果然是要拿OD跟OD決勝負了麼

ODA:「和久さん(故・いかりや長介さんの役名)に『いつまで止まっているんだ、お前たちはやれるんだぞ』と言われた気がした。天国の和久さんに届いていればと思う(和久先生對我們説過“什麼時候我停下來了就由你們來接著做”,現在想把這些都傳達給在天國的和久先生)」



亀P放心!OD3這次絶對大賣座!






http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/creview/20100702-OYT8T00448.htm

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」(フジテレビ、アイ・エヌ・ピー)
青島刑事が帰ってきた

 日本の実写映画で歴代トップの興行収入173・5億円を記録した前作から7年。2005年に関連作2本が作られているが、青島刑事(織田裕二=写真左)らの活躍を待ち望んだファンも多かっただろう。

 重厚さとは対極的。ありえない設定や誇張もご愛嬌(あいきょう)、何でもありのサービス満点の娯楽作だ。今回も、軽快なテーマ曲を聴いただけでワクワクとしてくる。

 湾岸署が、高度な保安システムを備えた建物に移転することになった。係長に昇任した青島が指揮する引っ越し作業で混乱する中、湾岸署の管内で次々と事件が……。本広克行監督は冒頭から、これでもかとばかり、速球、変化球、クセ球を連発。笑いの渦に巻き込みながら、観客をぐいぐいと引き込んでいく。

 まずは、銀行の金庫破りとバスジャック。金銭に手を触れず、誰もけがをしない不思議な事件は、大事件の序章だ。やがて拳銃3丁が紛失し、その銃を使った連続殺人が起きる。不始末を隠蔽(いんぺい)しようとする、署長ら「スリー・アミーゴス」の3人(北村総一朗、小野武彦、斉藤暁)の変わらぬ姿に大笑いさせられる。

 連続殺人犯は、新湾岸署を遠隔で「占拠」して爆破を予告、過去に青島が捕まえた凶悪犯の釈放を要求する。となると、当然登場するのは、映画版第1作で強烈な印象を残した、小泉今日子演じる日向真奈美だ。

 同僚のすみれ(深津絵里)、出世した室井(柳葉敏郎)ら、いつものメンバーに加え、警視庁と所轄の調整役・鳥飼(小栗旬=写真右)や、故いかりや長介が演じた和久さんのおい(伊藤淳史)といった新しいキャラクターも登場する。

 多彩、多様な多人数が絡みながら話が混乱しないのは、脚本の君塚良一が個々の人物像を明確にし、展開にうまくはめ込んでいるからだろう。ただ、当たり役に生き生きとする織田に比べて、非情な敵役となるべき小栗に人の良さがにじみ出てしまう。日向の不気味な凶悪さがやや薄まったようにも感じる。

 死期が近いと青島が勘違いするエピソードなど、笑わせようという意図が見え過ぎてしつこい。結末も、盛りだくさんの展開に比べて甘い。だが、このシリーズに本格的刑事ドラマを求めるのはお門違い。細かいことを気にせず奔流に身を任せると、2時間21分はあっという間に過ぎていく。有楽町・TOHOシネマズ日劇など。(福永聖二)

(2010年7月2日 読売新聞)

距離占據日本真人電影歴代首位、票房收入173.5億円紀錄的前作已有七年,繼2005年發行兩部關聯作品之後,期待著青島刑事等人活躍的FAN仍有很多。

與沈重截然相反,大搜是包括了不可能的設定和誇張的言辭舉止等各種元素的服務性滿點的娱樂作品。這次也是一樣,只要聽到那首輕快的主題曲就已經讓人歡欣雀躍了。

灣岸署搬移到具有高度保安系統的建築物内。在升任了系長的青島指揮下搬家作業混亂地進行著,此時一件接一件的案件在灣岸署的轄區内發生了……。不止如此,從本広克行監督處起快速球、曲線球、變化球也接連發出,連帶著被吸引而來的観衆卷入大笑的漩渦。

首先是銀行金庫遭爆破和巴士被劫持。金錢並沒有遭劫、也沒有任何受傷者的不可思議的案件是這一系列大案的序幕。不久三把警槍遺失,並出現了使用這些槍犯下的連續殺人案。試圖隱藏起不檢點行為的署長等人「3 amigos」不變的身姿仍引人大笑。

連續殺人犯從遠處將新灣岸署“占領”還預告將其爆破,並要求釋放過去青島所逮捕的各個兇案犯。如此一來,理所當然登場的正是在電影第一部裏令人印象深刻、由小泉今日子扮演的日向真奈美。

作為同事的小堇、出人頭地的室井等人,在這些原有的成員以外還加入了警視廳和分署之間的調整角色——鳥飼(小栗),已故的いかりや長介扮演的和久先生的外甥(伊藤)等等新角色也將登場。

多姿多彩的多個角色同時對話卻毫不混亂,是因為脚本的君冢良一明確了各個人物的形象,所以才能很好地展開劇情吧。只是,相較於作為最成功活躍角色的織田,對無情的惡役小栗也流露出人的優點。日向那令人毛骨悚然的兇惡也有削弱的感覺。

説死期將近的青島是誤解了的小故事等等、想要搞笑的意圖顯得有些過於執拗。相較於盛大展開的過程而言,結果也非常美好。但是,想要從這個系列裏尋求嚴肅的警匪劇本來就是搞錯了對象。如果不介意那些細節,就跟隨潮流去有樂町·東寶影院等地方度過這2小時21分吧。






http://japan.techinsight.jp/2010/07/odorudaityousasen1007012218.html

【エンタがビタミン】“Mr.踊る”が告白。『踊る大捜査線』新作まで7年間もかかったワケ。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』が、7月3日に公開される。大ヒットした前作から今回の作品まで、7年の月日が経ってしまったのは何故か? “Mr.踊る”と言われる人物が、その真相を『めざましテレビ』(フジテレビ系)で語った。

“Mr.踊る”とは1997年1月に始まったTVシリーズから、今回の映画まで見守り続けている亀山プロデューサーである。彼は、TVシリーズ『踊る大捜査線』を制作するにあたって“リアリティー”を、コンセプトにしたという。

たとえば名作刑事ドラマ『太陽にほえろ!』のような、刑事同士を“山さん”“ジーパン”等と呼ばせず、氏名もしくは役職名で呼び合うなど、現実性にこだわった。また、主役は刑事なので犯人の心理描写はせずに、刑事が体を張って犯人を捕まえることをドラマの中心とした。

しかし、“リアリティー”を追求したドラマを魅力あるモノにしたのが、質の良い脚本と演出、そして実力派の俳優陣だ。主役の織田裕二だけでなく、脇を固める俳優達もそうそうたるメンバーだった。

その中のひとり、“和久平八郎”役のいかりや長介が2004年3月に他界したことによって、『踊る大捜査線』シリーズは最大の危機を迎える。スタッフや俳優誰もが、いかりや長介が不在の続編は考えられなかったのだ。どうしたらよいのか。思い悩みながら、時が過ぎていった。

そして、いかりや長介が亡くなってから4年後、転機が訪れる。東京臨海副都心に、『東京湾岸警察署』が新設されたのだ。地元住民から圧倒的な支持により決定されたという、『踊る大捜査線』を連想させる新しい警察署の名称。これにより、「もう、そろそろ(映画を)制作しないか。」という声が上がってきたのだという。

過去の映画は1~2作目ともに、いずれも興行収入100億円を超えた。新たなる『踊る大捜査線』には、“和久平八郎”の甥として、伊藤淳史が登場する。いかりや長介は新作にも息づいている。最大の危機を乗り越え、新たなる『踊る大捜査線』も大ヒットの予感である。
(TechinsightJapan編集部 みやび)





電影《跳躍大搜査線 THE MOVIE 3 放了他們!》於7月3日公映。從大熱的前作到這次的作品為何足足隔了七年的歳月?自稱是“MR.踊る”的人物將在“めざましテレビ(富士臺)”節目中道出此間真相。

“Mr.踊る”就是從1997年1月的TV系列起到這次的電影一直繼續守護著大搜的龜山制作人。他在制作TV系列“跳躍大搜査線”時就把“真實感”作為理念。

舉例有如著名刑事劇《向太陽吶喊》那樣,不稱呼刑警同事為“山先生”“JEANS”等等,而是連姓氏帶職位一起互相稱呼地遵從於現實性,同時因為主角是刑警而不描寫犯人的心理、以刑警挺身而出逮捕犯人作為電視劇的中心。

但是,想做出追求“真實感”的電視劇、並使其具有魅力的必要條件是優秀的脚本和演出,還有實力派的演員陣容。不僅僅是主演的織田裕二,扮演配角的演員們也成為了其中的重要成員。

隨著在這其中的一人——扮演“和久平八郎”一角的いかりや長介於2004年3月辭世,《跳躍大搜査線》系列也迎來了最大的危機。STAFF和演員們都不想制作沒有いかりや長介出現的續集。到底要怎樣才好?在焦慮的同時時間也流逝而去了。

終於,在いかりや長介過世的4年後,轉機到來了。在東京臨海副都心,“東京灣岸警察署”新設成立了。在當地居民壓倒性的支持下最終決定了這個能讓人與《跳躍大搜査線》聯想起來的新警察署的名稱。與此同時,“已經差不多該制作(新電影)了吧”的呼聲也越來越高。

之前的第一部第二部電影最終都超過了百億票房。在新制成的《跳躍大搜査線》中,伊藤淳史作為“和久平八郎”的外甥登場了。就像いかりや長介也關註著這部新作一樣。跨越了最大的危機之後,我們預感新制成的《跳躍大搜査線》也將大熱。






http://news.walkerplus.com/2010/0703/4/


織田裕二、『踊る3』全国生中継の初日舞台挨拶で「和久さんに観てほしい!」

話題沸騰、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』(7月3日公開)の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日劇1で開催。織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリアらレギュラー陣と、伊藤淳史、内田有紀、小栗旬ら新メンバー、本広克行監督、脚本家の君塚良一ら総勢13名が登壇。舞台挨拶は、全国41のTOHOシネマズの劇場に詰めかけた1万人の観客の前で生中継された!

最初にマイクをもったのは、強行犯係係長に昇格した青島役の織田裕二。「紆余曲折あったけど、ようやく届けることができます。朝早くから1万人も集まっていただき、ありがとうございます!」と元気よく挨拶。

7年ぶりに本作が映画化された経緯については、時折言葉を詰まらせながらこう答えた。「和久さん(故・いかりや長介)が亡くなられ、何も考えられなくなって止まってしまった時期があって。そしたら和久さんから『いつまでそこにいるんだよ。おまえらは作れるんだぞ』って言われた気がして。俺たちが和久さんを送り出せる物をちゃんと作らないと、と。生きること、仲間を大事にして作ったのが、この『踊る3』。和久さんにも観てほしい」。

続いて、マイクは警視庁長官官房審議官となった室井役の柳葉敏郎へ。「室井は、青島のおかげで、なんとか首がつながったかなと」と、感慨深い表情で語った。また、すみれ役の深津絵里も「おもしろいものを作りたいという思いで作った奇跡の映画」と笑顔でスピーチした。

ムードメーカーであるユースケ・サンタマリア扮する真下正義は、今回、新署長に昇格する。「早くもみなさんの署名のおかげで、スピンオフ『新署長 真下正義の憂鬱』が決まり、今年の11月から撮影に入ります。また、伊藤くんと小栗くんと“サ・ブブセラ3”として、歌を出すことになりました」と大ボラ発言し、会場は大爆笑。それを受けた伊藤が「ブブセラ3、めいっぱい活動していきたいと思います」とつなげると、小栗も「ブブセラ3の小栗旬です。僕もできるかぎり頑張っていきたいと思います」とギャグを被せて大爆笑に。小栗は続けて「こんなに愛されてる映画があるってのは素晴らしいことだなと」と、シリーズ参加の喜びを語った。

その後、全国の中継先である劇場に向けてメッセージを送ることに。大分出身のユースケは、「大分のみんな、がんばっちょんか?」と声をかけ、この後、秋田こまちスタジアムでヤクルト×中日戦の始球式を行うという柳葉は、「室井慎次がやります。待っててけれな」と呼びかけると、会場から大歓声が上がる。

全国1万人のファンを楽しませてくれた初日舞台挨拶は大盛況だった。今日から始まった『踊る3』だが、引き続き劇場では、首を長くして待ったファンたちが7年ぶりの『踊る』を観て、胸を踊らせているに違いない。【Movie Walker/山崎伸子】



織田裕二 在OD3全國實況轉播的首映式致辭中説“希望能讓和久先生看到”

《跳躍大搜脚線 THE MOVIE 3》的首映式致辭盛況空前!

引起話題沸騰的《跳躍大搜査線 THE MOVIE 3 放了他們!》(7月3日上映)的第一天首映式致辭在TOHO東寶影院日劇1召開。織田裕二、柳葉敏郎、深津繪裏、中山裕介等原有陣容和伊藤淳史、内田有紀、小栗旬等新成員,加上本広克行監督和脚本家君冢良一全體13人登場。首映式致辭通過全國41個TOHO影院的劇場在至少1萬観衆面前實況轉播。

最先拿起話筒的是扮演升任系長的青島一角的織田裕二,興致盎然地寒暄道:“雖然有各種波折,但總算是交差了。從早上起聚集了1萬人,非常感謝!”

關於時隔七年的作品電影化的經過,他時而斷續地回答:“由於和久先生已經去世,有段無法再考慮去做什麼而停止的時期。然後感覺和久先生對我們説‘我會一直在這裏,你們接著做吧’。我們必須把送別和久先生的東西認真做好。於是制作了講述生存和搭档的重要作品,就是這部OD3。希望也能讓和久先生看到。”

接下來,話筒遞給扮演成為警視廳(= = 這裏應該寫錯了)長官官房審議官的室井一角的柳葉敏郎。“室井也是托青島的福,總算可以歸來了”,他用感慨良深的表情説道。還有扮演小堇一角的深津繪裏也笑著説“這是想著要制作有趣的東西而創造了奇跡的電影”。

由中山裕介扮演的氣氛活躍者真下正義這次升職成為了署長。“多虧早先大家的聯名支持,SPIN OFF《新署長 真下正義的猶豫》已經決定於今年11月正式開拍。另外還要和伊藤、小栗一起組成‘THE 嗡嗡祖拉3’並發行歌曲。”這番大話引起全場爆笑(……因為三只都是大音癡 唱起歌來像蒼蠅也不奇怪OTL)。接受了這個提議的伊藤説“希望‘嗡嗡祖拉3’能档期全滿地活動”,小栗旬也説:“我是‘嗡嗡祖拉3’的小栗旬,能做到的話我想我也會盡力的。”賣弄噱頭再次引起全場大爆笑。小栗接著説“能有這麼受歡迎的電影實在是太棒了”,表達參與大搜系列的喜。

此後,大家對全國轉播的劇場傳達訊息。大分出身的裕介説“大分的諸位都在努力嗎;”來打招呼,之後要前往秋田小町運動場主持Yakult養樂多 VS 中日龍之戰開球式的柳葉喊道“由室井慎次來開球,大家要等著我”,引起會場中歡呼聲上升。

取了全國1萬FANS的第一天首映式致辭盛況空前。但是從今天開始公映的OD3將繼續在影院中播放,無疑能讓翹首以待了七年之久終於再度看到大搜的FANS們心中雀躍不已。






http://tv.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=323036



「踊る」最新作公開直前に、早くも織田裕二が次回作について言及!?

7月3日(土)からいよいよ公開される映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の完成披露試写会が6月29日、都内で行われ、出演者の織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、小栗旬、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、佐戸井けん太、小林すすむ、小泉今日子、甲本雅裕、川野直輝、滝藤賢一、遠山俊也、森廉、時東ぁみ、寺島進、高杉亘と、本広克行監督、脚本家の君塚良一が登場した。

同作は'97年にフジ系で放送された人気刑事ドラマの劇場版第3弾。新湾岸署への引っ越し真っただ中の湾岸署を8つの事件が襲う。前作から7年ぶりとなる本作にはレギュラーキャストに加え、小栗、伊藤ら新キャストのほか、スペシャルドラマに出演した内田などの懐かしい顔ぶれも登場する。

上映後、客席から登場した織田は「感無量…」と言葉を詰まらせ、「笑った? 泣いた? ワールドカップできょう(29日のパラグアイ戦で)、日本が勝つと次の試合が、公開日の7月3日になるんですね。お互い分野が違うけど、すごく日本が元気になったらいいなって思います。もしきょうも日本が勝ってくれたら次も勝ってって思うように、いつまでも、夢の続きをおれたちがかなえたいなって思ってます…なんちゃってね(笑)」と今作に懸ける熱い思いを語った。

故・いかりや長介氏が演じた和久刑事のおい・和久伸次郎を演じた伊藤は「こんなに青島さんと一緒にいる時間があるとは思わなくってコンビっぽい空気が出ててチョー幸せっすよ!」と織田との共演を心から喜んだ。

強行犯係の刑事・篠原夏美を演じた内田は「最高でした! 現場で何度も織田さんのアーミーコートが見れて、伊藤君と『きゃっきゃ!』してました」とあこがれの青島と共演した喜びを語った。

深津は「こんなに温かい気持ちの皆さんと見れて、うれしかったです。いかりやさんにも褒めてほしかったです」と、亡きいかりや氏をしのんだ。

最後に織田は「本当に『踊る』はいいなって思いました。これをもっと大きな輪にして、4に向けて…言っちゃった!?(笑)、とにかく気が早いですけど、5年や7年に1度じゃなく届けられたらいいなぁと思います」と、次回作への期待を語った。





OD最新作公映之前織田裕二就早早提及下次的作品!?

馬上於7月3日公映的電影《跳躍大搜査線 THE MOVIE 3 放了他們!》的完全宣告試寫會在6月29日於東京都内舉行,出演者的織田裕二、深津繪裏、中山裕介、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、小栗旬、北村總一朗、小野武彦、齋藤曉、佐戸井賢太、小林進、小泉今日子、甲本雅裕、川野直輝、瀧藤賢一、遠山俊也、森廉、時東ぁみ、寺島進、高杉亙和本広克行監督、脚本家君冢良一登場。

同作是97年在富士臺放送的人氣刑事電視劇,而這已是第三個劇場版,講述在向新灣岸署搬家的過程中八個案件襲向灣岸署。與前作相隔七年之久的這部作品在原班人馬的基礎之上加了小栗、伊藤等新陣容,曾在SP作品中登場的内田也作為令人懷念的角色登場。

放映之後,從観衆席登場的織田因“無限感慨”而語塞。“是該笑?還是該哭?今天(29日與巴拉圭對戰)日本隊要是贏了的話下場比賽就是在公映日的7月3日呢。雖然彼此的領域不同,但強烈地希望日本要是變得更加精神起來就好了。就像如果今天日本隊贏了的話希望下次也能贏這樣,直到永遠,我們都想繼續下去實現更多的夢想……這是什麼話(笑)”他表述了對這次作品抱有的熱切想法。

這次扮演了去世的いかりや長介角色和久刑事的外甥——伊藤説“沒想到還會有跟這樣的青島先生共處的時間,能有這種組合的氣氛真是超級幸福”,為能與織田共演而由衷地喜。

扮演強行犯系刑事——篠原夏美的内田則用“太棒了!在現場無數次地看到織田先生的軍大衣,跟伊藤君一起興奮地歡呼”來表達與憧憬中的青島共演的喜。

深津説“能與心情這麼温暖的各位見面,我很高興。也想獲得いかりや先生的誇獎”來回憶已不在世的いかりや長介。

最後織田説:“我真的覺得OD非常棒。要是能變成更大的作品、發行第四部……我説了什麼啊!?(笑)不管這麼説是不是太急躁了點,希望不是5年或7年交一次差就好了啊。”而表達了對下次作品的期待。






http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100703/bbl1007031841004-n1.htm



【プロ野球】「室井警視監」が地元・秋田で始球式‎



映画「踊る大捜査線THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」で室井慎次警視監役を務める柳葉敏郎さん(49)が3日、地元・秋田県のこまちスタジアムで、プロ野球ヤクルト-中日戦で始球式を行った。

都内で「踊る」の初日舞台あいさつを終えてから球場に駆けつけた柳葉さんは、晴天の下、映画さながらスーツ姿にコートを羽織り渋み切った表情でマウンドへ。

ノーバウンド投球で、親交のある中日の1番打者、荒木雅博選手から空振りを取り、「何度か始球式をしたが、初めてキャッチャーまで届いた。感無量です。荒木選手には打ってくれと言ってあったのですが」と満足そうに笑顔を見せた。



“室井警視監”在故郷秋田的開球式

電影《跳躍大搜査線 THE MOVIE 3 放了他們!》中扮演室井慎次警視監一角的柳葉敏郎先生於3日在故郷秋田縣的小町運動場,為職棒聯賽的Yakult-中日戰舉行開球式。在結束了東京都的OD首映式之後前往球場的柳葉先生,在晴空之下以電影中的“襯衫+西服+大衣”裝扮和嚴肅表情走向投手丘。
以no bound投球、與之友誼甚密的中日方一號撃球手荒木雅博選手揮空了。“雖然好幾次都主持了開球式,但還是第一次直接投到了捕手那裏。感慨良多啊。盡管跟荒木選手説過‘就讓你打到好了’……”他露出了滿足的笑容。






也許會緩慢更新OTL


踊る大捜査線

0 Comments

Leave a comment